データ消去サービス

データ消去サービス

データ消去の方法

データ消去専用ソフトによるデータ消去
  • HDD 全領域に無意味なデータを上書きしてデータ全体を塗りつぶす。
  • 通常、複数パターンの上書きを3 回行いますが完全消去することは出来ません。
  • PC の性能によっても違いますが、消去時間がかなり掛かります。
物理的破壊によるデータ消去
  • HDD を分解しディスクに傷をつける。金槌等で叩いて壊すという方法です。
  • 実はよほどしっかり破壊しないとデータを読み取れる可能性があります。
  • 破壊以外の部分にはデータがしっかり残っていて完全消去とは言えません。
磁気照射によるデータ消去
  • 強磁力を照射し残留磁気を一定の方向に変えデータを一瞬で消滅させる。
  • この方法での消去は、データは完全に消去され再利用は出来ない。
  • 電磁石による消去は磁気にムラがあり完全消去された保証が出来ません。
  • これに対して永久磁石による消去は均一な磁力で完全消去する事が出来ます。

神町電子のデータ消去出張サービスは、米国国家安全保障局(NSA)が世界で2社のみ認定した永久磁石による磁気消去装置を使用して完璧に消去します。

データ消去サービスの消去対象媒体

   
3.5inch以下のハードディスク   フロッピーディスク   DAT(磁気テープ)

データ消去の必要性

パソコンに残っている大事なデータが漏洩したら一大事!

ごみ箱の処理やフォーマットでのデータ消去だけで処分等を行うことは、かなり危険な状態でデータを放出していることになります。
リース品をフォーマット処理だけで返却した例で、その8割程度のデータをPCから復元できたという事例もあります。
データ消去を怠ったばかりに、築き上げた信頼を一気に失い、経営基盤をも脅かすことにもなりかねません。データ消去の対策は今や必衰項目です。

リース物件のデータ消去

リース物件はリース会社の所有物ではありますが、対象のパソコンなどに保存されたデータはお客様のものであり、お客様ご自信でデータ消去を行われることが、情報漏洩防止のために重要です。総務省の「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」では、
『機器を破棄、リース返却等をする場合、機器内部の記憶装置から全ての情報を消去の上、復元不可能な状態にする処置を講じなければならない。』とされ、リース返却時でも自らで完全データ消去を行うことを義務化しています。

データ消去サービスの手順

導入時フローチャート
導入時フローチャート
消去フローチャート
オプションフローチャート

データ消去証明書の発行

データ消去作業後に「データ消去完了証明書」を発行します。

※オンサイトでの消去の場合はお客様の前での作業・証明書発行になります。

データ消去Q&A

どうしてデータを消去しなくてはいけないの?
デ-ターを消去しておかないと個人情報や機密情報が流出する恐れがある為です。また、総務省より情報セキュリティーポリシーのガイドラインにより「復元不可能な状態にする処置を講じなければならない」とうたわれています。「2007年度情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」によると個人情報漏洩事件の多い業種は、「公務」が20.9%、「金融・保険業」が15.2%、「情報通信業」が11.3%、「教育・学習支援業」が10.2%。 2007年の個人情報漏洩事件は864件で個人情報漏洩事件の想定損害賠償額は総額約2兆2,711億円にもおよぶ。
どうやってデ-タを消去するの?
単純に消去の方法はいくつかあります。
1.ソフトによるデータ消去(リカバリー初期化等)
2.物理的破壊 ドリルやハンマー等などで壊します。
3.磁気照射によるデータ消去などがあります。
  (弊社はこの手法を採用しています)
どの方法がデータを「完全消去」できますか?
ハードデスクの内容はソフトを使って初期化するだけでは「完全な消去」とは言えません。ソフトでの消去ではソフトによってデータ回復が出来るからです。
物理的に破壊してもディスクの断片からデータを読み取る事が可能です。
磁気による消去は磁気媒体のディスクを破壊する為、完全に消去になります。
磁気で消去したHDD等は再利用ができますか?
できません。HDDを製造する際にディスク上に書き込まれているサーボ情報が破壊される為、磁気消去したHDDは再利用できません。
HPを見ると色々な磁気での消去がありますが、どのような違いがありますか?
当社で使用している磁気消去装置は、米国国防省(DoD)と米国国家安全保障局(NSA)が世界で2社のみ認定している装置での消去となります。
消去した際、消去確認書か消去証明書は発行できるのか?
オンサイトでの消去の場合はお客様の前での作業・証明書発行になります。
台数が少なくてもこのサ-ビスは受けられるのですか?
1台から大丈夫です。弊社ではお客様のご要望に沿った価格のご提案をさせていただいております。(台数が多ければ割安になります。)価格につきましては各営業にご相談下さい。
どこまで出張してきてもらえるのですか?
どこにでもお伺いいたします。地域によって出張費が変わります。
各営業にご相談下さい。
データ消去をするにあたって必要なものはありますか?
HDDさえ取り出していただければ出張時にこちらで作業いたします。
取り外しが必要な場合は別途費用が発生します。各営業にご相談下さい。
破壊したHDD・パソコン等はどうしますか?
有料にて廃棄する事は可能です。ただし、リース物件に関しては、リース会社との協議もありますので各営業にご相談して下さい。
神町電子株式会社 データ消去サービス部 0120-980-852

お問い合わせ

このページの先頭へ